ニュースレター作成 発送代行  
ニュースレター作成 Post1  ニュースレター作成のための 書き方、作り方の無料情報を提供しています
ニュースレター作成 Post2 ニュースレター作成の無料情報センターです
トップ | 会社案内 | 個人情報保護 | お問い合わせ |



“バカ売れDM集客術”
『アマゾン総合2位獲得』



著書「バカ売れDM集客術」

謝恩キャンペーン実施中!
豪華特典付き




「バカ売れ・DM集客術 
〜実践編〜」CD2枚組み



ニュースレター作成コンテンツ


ニュースレター作成前に知っておきたい事

ニュースレターの書き方

ニュースレター作成・発送コスト

ニュースレター作成の落とし穴


運営会社

株式会社メディアボックス
ニュースレター発行代行センター事業部
〒470-0164
愛知県愛知郡東郷町三ツ池4丁目5-2
TEL 0561-37-2027
営業時間/9:00〜18:00 
休日/土日祝祭日
http://www.nlh.jp
E-mail info@postjp.com
 

ニュースレター発送に一番コストがかかるのが発送費用です。
そして、ニュースレターを長く続けるためにも重要な部分です。

現実には、効率のよい発送の情報等が入りにくいなどの理由により
高い発送費用を何も考えずに払っている方が少なくありません。

そこで、少しでも発送費を削減する方法をお伝えします。


ニュースレターを発送する方法は以下の3つがあります。

  1 自社で印刷から発送まで行う

  2 自社で印刷をし、発送代行を外部委託する。

  3 印刷から封入・発送までを全て外注に出す。



 

1 自社で印刷から発送まで行う

   初めてニュースレター発行する方はこの方法が多いのですが、
   十分にコスト計算をして下さい。

   小部数300件以下の場合はこの方法でもOKです。

   【注意                                   


   A4用紙を3つ折にして長封筒(長3号・洋形4号)に入れる方法は避けてください。

   理由

    1 A4を折らずに入れて発送するほうが反応率がよい。
    2 ヤマトメール便を使うとA4サイズが80円で発送できる
    3 3つ折りにすると、手間が大変
                         
 

2 自社で印刷をし、発送を外部委託する。(すでに印刷物がある場合)

    この場合のポイントは、印刷料金です。
    コスト計算をして、外部委託も考えることをお勧めします。

印刷コスト比較はココをクリック
 

    例外的に「リソグラフ」(印刷機)をお持ちの方は自社で印刷をする方が
    安く印刷できます。(減価償却費とメンテ費用は注意)

                                    

    【注意

    印刷屋さんで印刷から発送まで依頼されると、割高になる場合が
    少なくありません。

    自社に印刷物がある場合は、

    300件以下の発送は自社発送を考えてみる
    300件以上は発送の委託を考えることをお勧めします。

 
300件以上発送の場合はココをクリック

3 印刷から封入・発送までを全て外注に出す。

    300件以上にニュースレターを出す場合は、この方法をお勧めします。
    社員の方が、他の業務に支障が出ずに作業ができるのであれば、発送
    作業を自社内で行うことも、考えられます。 

    運送料金の割引を検討してください。

                                      
印刷から発送まで外注する場合はココをクリック
 



 

ニュースレターとはニュースレターを出した方か良い会社、出したはいけない会社
印刷コストニュースレターで儲かっている会社に聞きました
これだけは知っておきたい「ニュースレターが続かないわけ」
ニュースレター成功のためのチェックリスト
書き方反応率の良くする項目と題材うまく書けないときの対処法A4はがきニュースレター
ニュースレター発送方法封筒の反応率実験A4透明封筒を使って、反応率を上げる方法
新規顧客獲得か既存客かニュースレター成功の真実 ニュースレター作成会社の見分け方
モエル株式会社店舗案内個人情報保護お問い合わせ

ニュースレター作成代行センター