ニュースレター作成 A4はがきニュースレター  
ニュースレター作成 Post1  ニュースレター作成のための 書き方、作り方の無料情報を提供しています
ニュースレター作成 Post2 ニュースレター作成の無料情報センターです
トップ | 会社案内 | 個人情報保護 | お問い合わせ |



“バカ売れDM集客術”
『アマゾン総合2位獲得』



著書「バカ売れDM集客術」

謝恩キャンペーン実施中!
豪華特典付き




「バカ売れ・DM集客術 
〜実践編〜」CD2枚組み



ニュースレター作成コンテンツ


ニュースレター作成前に知っておきたい事

ニュースレターの書き方

ニュースレター作成・発送コスト

ニュースレター作成の落とし穴


運営会社

株式会社メディアボックス
ニュースレター発行代行センター事業部
〒470-0164
愛知県愛知郡東郷町三ツ池4丁目5-2
TEL 0561-37-2027
営業時間/9:00〜18:00 
休日/土日祝祭日
http://www.nlh.jp
E-mail info@postjp.com
 
 


ニュースレターは普通、封筒に入れて送ります。
通常はA4サイズの紙に4枚から8枚くらい作ります。

確かにニュースレターは
「接触頻度の向上」「お客さんの離脱率防止」「リピート率UP」「真似されにくい」等
たくさんのメリットがあります。
しかし現実に書き続けるとなると、かなりの労力と努力が必要です。
そこで最近増えてきたのが、A4ハガキ(A4ジャンボハガキとも言います)です。



A4サイズの厚紙にハガキと同じように文章を書いてしまう方法です。
A4サイズの大きさがあるので、書ける面積は単純に4倍ですが、
実際は6倍ぐらいになります。
その理由は表面に書く宛名の面積がA4ハガキの場合、普通ハガキの面積比率よりも
少なくなるためです。

文章が書ける面積はA4サイズの紙でいうと1.5枚ぐらいになます。
封筒に入れて送るニュースレターに比べると情報量は約35%以下になります。
そしてA4ハガキの最大の特徴は開封率が100%であることです。
当たり前のことですが封筒に入っていないため必ず内容が目に触れます。
また注意点としてはA4はがきの紙質の違いや厚さにより目的が変わります。

詳しくは
http://www.a4hagaki.com

 


A4ハガキを発送するときには必ずヤマト運輸のメール便か佐川急便の郵メール便で
発送してください。

郵便局で発送すると「定型外郵便」扱いになり1通120円になります。
ヤマトのメール便で発送すると80円で配達してもらえます。
さらに印刷から発送までをすべてお任せして安く送る方法もあります。

詳しくは
http://www.dm110.jp/Ryoukin_A4.htm

ニュースレターで一番大事なことは、出し続けることです。
そのためにもA4はがきのニュースレターにして文章量が少なくなってとしても
出し続けてください。
お客さんにおなたの会社の存在を忘れられることが一番問題です。

注意
メール便でDM発送代行業者に依頼するときには、以下の3点を注意してください

1 3万以下の発送の場合は手作業で封入を行っている業者で
  下請け作業がない会社を選んでください。
2 発送が正確に行われているか確かめるために「発送代行証明書」を
  もらってください。
3 確実に届いているか確かめられるように追跡調査ができるDM発送代行業者
  を選んでください。

詳しくは
http://www.dm110.jp/beginner1.html



ニュースレター発送はDM発送代行センター
ダイレクトメール発送と書き方
メディアボックス


 

ニュースレターとはニュースレターを出した方か良い会社、出したはいけない会社
印刷コストニュースレターで儲かっている会社に聞きました
これだけは知っておきたい「ニュースレターが続かないわけ」
ニュースレター成功のためのチェックリスト
書き方反応率の良くする項目と題材うまく書けないときの対処法A4はがきニュースレター
ニュースレター発送方法封筒の反応率実験A4透明封筒を使って、反応率を上げる方法
新規顧客獲得か既存客かニュースレター成功の真実 ニュースレター作成会社の見分け方
モエル株式会社店舗案内個人情報保護お問い合わせ

ニュースレター作成代行センター